知っているようで知らない猫の足、9つの事実。

By mame, 2015年6月7日

ファンページでねこトピを読む!

Google+ LINE

肉球をはじめ猫の足は何とも可愛らしい、しかし可愛いだけではありません。

今回は知られざる猫の足の9つの事実を紹介したいと思います。

猫は利き足がある。

500009cat
我々人間と同じように猫は利き足をもっているといいます。アイルランドのクイーンズ大学によると雄猫が雌猫に近づく際の最初の一歩は右足から使う猫が多いそうです。

おやつやおもちゃなど、猫たちがそそるものでも利き足をチェックする事が出来るそうなので、是非試してみてください。

猫は爪先立ちで歩く。

500001cat
猫は人間と同じようにかかとを地面につけて歩いたり走ったりすることはしません、常に爪先立ちの状態で行動します。これは獲物にすぐ察知出来るように、自らに危険が迫った時にすぐ逃げれるように進化してきたのだといいます。

肉球は敏感。

500002cat
猫の肉球は猫が生活する上でかかせない感覚器官。肉球は非常に敏感で温度、圧力、痛みなど様々な感覚を肉球で感じています。それゆえ熱い路面や凍結された路面などでは怪我をしてしまうこともあります。

木は登れるけど降りれない。

500003cat
ご存知の方も多いと思いますが、猫の足は非常に柔軟性にすぐれており木登りが大得意、足は内側に向くようになっており、木の枝を掴んで登る事ができます。しかし、降りるには向いていない形状をしており、大体ジャンプで降りる事が多い。それゆえ、高すぎる木に登ってしまった場合に降りられないという事態が発生します。

衝撃吸収、消音としての役割。

500004cat
柔軟性に優れている猫の足は高いところからジャンプをしたしあの衝撃吸収の役割をもっています、さらに肉球などで衝撃音を消すこともできるので、静に獲物に忍び寄る事が可能です。

グルーミングのためのツール

500005cat
通常グルーミングには舌を使いますが、猫は前脚を上手にグルーミングツールとして活用しています。舌で出来る範囲を終えると、前脚をある程度舌で舐め、そこから頭などを中心にグルーミングを行います。

肉球から汗をかく。

500006cat
人間であれば汗は全身からでますが、猫は肉球から汗をかきます。普段は滅多に汗をかかない猫達ですが、例えば動物病院に連れて行かれた時など、緊張しているときは肉球から汗がでます。

爪とぎで情報を流している。

500007cat
猫の爪とぎは本来、猫達の領土をマークする行為です。木などに印をつけ、ここから先は私の縄張りですよと主張しているのです。さらに見た目だけかと思いきや、匂いでも主張しています。猫の肉球からはフェロモンが出るようになっており、視覚、嗅覚に「私の縄張り」と主張しているのです。

肉球にはパターンがある。

500008cat
肉球にはパターンがあります。そのパターンは被毛の毛色による。黒猫や白猫など単色の猫であれば肉球も単色、複数色もっている猫であれば肉球の色もピンクと黒など複数色になる場合が多いそうです。

【編集長:まるおの一言】
まるお多機能な足!



コメントをどうぞ!

下記の「コメントを送信する」ボタンをクリックでコメント!