黒猫ナイチンゲール、保護施設に来た仲間を優しく介抱!

By mame, 2015年4月17日

ファンページでねこトピを読む!

Google+ LINE

ポーランドの動物保護施設でのお話。
自身も保護施設にひきとられた黒猫のRademenesa。
当初Rademenesaも気道に炎症を引き起こし、こちらの施設で治療を受けていたのですが、2か月後病気は回復。
すると今度は、施設に来た仲間を優しくそばで付き添うようになったと言います。
つきっきりで看病をするナイチンゲール(オスですが)のような献身的なRademenesaの働きっぷりをご覧ください。

弱ってる猫の毛づくろい。

弱ってる猫の毛づくろい。



見守る相手は猫でも犬でも関係ない。

見守る相手は猫でも犬でも関係ない。



そばで看病。

そばで看病。



早く良くなってね。

早く良くなってね。



少しでも安心して欲しい。

少しでも安心して欲しい。



そばで見守ります。

そばで見守ります。

【編集長:まるおの一言】
まるお心優しい!




1件の コメントがあります!


  1. まま より:

    猫は傷ついたものや弱いものにとっても優しい。子どもや老人にも。ホント、猫って…

コメントをどうぞ!

下記の「コメントを送信する」ボタンをクリックでコメント!