車のバンパーに挟まった猫、約16キロ走行後救助される。

By mame, 2015年1月20日

ファンページでねこトピを読む!

Google+ LINE


アリソン・スミスさんの飼猫、5歳のメインクーンのルルちゃんが行方不明に。
ルルちゃんが見つかったのはとても危険な車のバンパーの中、そして車のバンパーにいながら約16キロも走行。奇跡的に無事だったことが話題をよんでいます。
ルルちゃんはこの事件の前日、ドアをすり抜け家を飛び出しているのを飼い主さんによって確認されています。そして、飼い主さんは一晩中探しましたが、ルルちゃんは発見出来ませんでした。
翌日、隣人が買い物へ行った帰りに車に変な音がすると気付きます。この間走行距離は10マイル、約16キロ走行。
音の正体が動物だとわかると、隣人はすぐさま動物救護サービスを呼び、バンパー内にいる動物を救助してもらいました。
こういったケースでは車内にいる動物は亡くなってしまうケースも多いそうですが、ルルちゃんは奇跡的に無傷。バンパー内の油や汚れがついた程度だと言います。
救助されたルルちゃんはすぐさま飼い主のアリソン・スミスさんに返され1日ぶりの再会を果たしました。
このような事故は冬場に起こりやすく、猫や動物は暖かさを求め車のバンパーや、へたしたらエンジンルームに潜ってしまう場合があります、車を運転する前には動物がいないか点検をしなければという教訓になるニュースでした。

救助される前のルルちゃん。

救助される前のルルちゃん。


ほぼ無傷で無事救助

ほぼ無傷で無事救助


無事、再会を果たします。

無事、再会を果たします。




コメントをどうぞ!

下記の「コメントを送信する」ボタンをクリックでコメント!