路上にへその緒がついた子猫、埋めようとしたところまだ息が!

By mame, 2015年11月6日

ファンページでねこトピを読む!

Google+ LINE

フランスの路上を歩いていたklaanさん。

歩いていると路上に小さな子猫、よく見てみるとまだへその緒がついた状態。

こんなに小さくては生きていないな・・・と思ったklaanさんはせめてもという思いで、この子猫を埋めることを決意。
iris005neko
しかし子猫を持ち上げてみるとまだ子猫の心臓は動いていました。
iris003neko
もしかしたら何とかなるかもしれないと思ったklaanさんは動物病院へ連れて行き治療を行ってもらいました。

小さかった子猫はklaanさんの必死な世話もあり徐々に回復。

回復した子猫の様子がコチラ!
iris004neko
iris002neko
iris001neko
そして、子猫はirisと名付けられ、klaanさんの家族の一員に加わる事に。現在も元気に育っているようです!!


3件のコメントがあります!


  1. きゃさりん より:

    なんて使命がある子なんでしょうか!!!!!
    ご主人にも、ご縁があったんだね(*^^*)
    好い人に見つけてもらえて本当に良かったね(*^^*)
    助けてもらえた大事な命を、かけがえのない時間を、可愛いその姿や仕草で出会った人に恩返ししてね(^-^)/生きているだけで凄い事です!!ご主人様に大感謝だね!!

  2. ねこどんぶり より:

    ありがとうございます
    そしてすごい!生まれたての子猫を人の手で育てるのは難しいはずです。
    二時間おきのミルクやりから排泄
    体温を保つとか すごいミラクルです
    ありがとうございます

  3. ノンハギ より:

    親猫が産んで何処かに運んでる途中でどうかしたのでしょうかね。
    運が良いニャンですね。
    優しい人に拾われて、この先も元気に育って欲しいです。
    頑張れ❗️

コメントをどうぞ!

下記の「コメントを送信する」ボタンをクリックでコメント!