40グラムしかなかった未熟児の子猫、奇跡的に命をつなぐ。

By mame, 2015年10月12日

ファンページでねこトピを読む!

Google+ LINE

海外サイトimgurに投稿された子猫の画像が話題になっています。

投稿者さんが子猫と出会ったのは15週前、子猫を発見したときの体重は40グラムしかなく、あきらかな未熟児でした。

そして、子猫は心臓は動いているのですが、体はまったく動かせないという状態。

獣医にも「ここまで小さな未熟児はあまり見たことがない、あまり期待しない方がいい。」と言われてしまったそうです。

しかし、飼い主になると決めた投稿者さんはあきらめず、この子猫に「タイタン」と名付けつきっきりで看病する事を決めました。

保護した当初のタイタン。
保護した当初のタイタン。
mijuku006neko
mijuku005neko

交代制でつきっきりの看病をして8日目タイタンが初めて小さな鳴き声を聞かせてくれました。
mijuku007neko
初めての鳴き声はご飯の要求、スポイトでご飯をあげるとタイタンは口を動かし、自らの力で飲み込むことが出来ました。

2週目のタイタン。
mijuku003neko
mijuku008neko
まだ動きまわる事には苦労していましたが、目が開き、ご飯もたくさん食べて順調に回復していきました。この時タイタンが女の子という事がわかったそうです。

6週目のタイタン。
mijuku002neko
未熟児だったタイタンですが、6週目にもなるとほぼ正常な体重になり、おもちゃで遊ぶことが出来るようになったそうです。

7週目のタイタン。
mijuku009neko
順調だったタイタンの体調に異変が起こります、1日のほとんどの時間を睡眠に使うようになり、ご飯を食べなくなってしまったそうです。

獣医に診てもらうと貧血が起こりやすくなってる事はわかったのですが、まだ体が小さいため受けれない検査が多く、ハッキリとした原因がわからず、慎重に看病するしかなかったそうです。

15週目、現在のタイタン。
mijuku001neko
危険な時もありましたが、美しい女の子としてスクスク成長しているタイタン。

未熟児のため今後もいくつもの検査を行わなければならないそうですが、飼い主さんがあきらめず看病をしたおかげで命をとりとめる事に成功しました。


6件のコメントがあります!


  1. ふくみ より:

    飼い主さんの献身的な看護と愛情がタイタンの命を救ったんですね。
    ありがとうございます!
    タイタン!良かったね。
    いい人に巡り会えて!
    幸せになってね!

  2. てっちゃんより より:

    人間の赤ちゃんでさえ未熟児で生まれると大変なのに、まして子猫となると人間のように最新医療を受けることもできなかったのではないでしょうか?飼い主さんの愛情もさることながらその子の生命力も大したものです!大切に育ててあげてください!!

  3. YUASA MIYOKO より:

    どんなに五体満足で順調にこの世に生まれた子でも、即 殺処分になったり、こんなに未熟児で育たないと獣医さんに言われた子が育ったり・・・命とは不思議なご縁だと感じます!
    この子も、この飼い主さんと出会ってなければここまで育ったかどうか・・・!
    私も、救える命は救ってあげたい!そんな思いです!!!

  4. 鞠子 より:

    すごい生命力だと思います!
    彼女を辛抱強く救った人々の愛情もあったおかげですね。

    そしてこの子は、人々のそういった気持ちをちゃんと理解しているようです。
    愛情に応えて、懸命に生きていますね^^

  5. びーちゃん12歳 より:

    私の家の猫は5回も産んでいます。けれど2回までは、普通の赤ちゃん猫を2匹ずつ産んでいました。3回目から今まで、1匹の未熟児でした。5回目はへその緒の切り方を失敗したようでお腹に空いた、穴からあばら骨が見えてました。
    タイタンはすごい生命力ですね!元気なタイタンの写真が見れて良かったです!これからもタイタンを大切に育ててあげてくたさい。

  6. びーちゃん12歳 より:

    タイタン!いい人に巡り会えて良かったね!いいかいぬしさんが看病をしてくれて良かったね!タイタン幸せと愛情を受け取って
    いつまでも飼い主さんとお幸せに!

コメントをどうぞ!

下記の「コメントを送信する」ボタンをクリックでコメント!