猫島のネコたちの魅力がギュッと詰まった写真集「島ねこぽん」

By mame, 2015年9月23日

ファンページでねこトピを読む!

Google+ LINE

shimanekopon005neko
9月28日より販売開始される写真集「島ねこぽん」は男木島、佐柳島をはじめ日本全国の猫島の猫達の魅力が詰まった本。

著者は「猫だって鼻提灯くらいできるもん。」で知られるあおいとり氏。

写真集を制作するきっかけとなったのは沖縄県の竹富島。

著者が「島ねこ」をテーマに決めたのは、猫の撮影のため訪れた竹富島で見た「青」の美しさがきっかけでした。人気ダイビングスポットとしても知られる海と空が作りだす“竹富ブルー”に、真っ白な砂浜。そこに佇む猫。自然な色に囲まれくつろぐ姿は、見ているこっちが引き込まれるくらいに気持ち良さそう。

自然と一体となっている猫島の猫たちはやはり美しく、見た人を癒やしてくれる事間違いなしの写真集です。
shimanekopon003neko

shimanekopon008neko

shimanekopon007neko

shimanekopon004neko

shimanekopon001neko

島ねこぽんの発売日は2015年9月28日、定価1200円(税別)となっています。


shimanekopon009neko

また、猫の本専門店である神保町にゃんこ堂では、発売に先駆けて9月26日から10月9日まで「島ねこぽん」もしくは「猫だって鼻提灯くらいできるもん。」を購入した方に「鼻提灯猫のポストカード」がもらえるイベントが開催されますので気になった方は神保町にゃんこ堂へ!!


コメントをどうぞ!

下記の「コメントを送信する」ボタンをクリックでコメント!