ペットが好きすぎて奇妙な合成写真を作ってしまう飼い主たち。

By mame, 2015年9月8日

ファンページでねこトピを読む!

Google+ LINE

ペットが好きすぎる飼い主・・・それは飼い主の数だけいるのかもしれません。

しかし、その愛が深すぎるゆえ、時には周りから奇妙とも思われる行動をとってしまう事もあります。

今回は猫をはじめとする大好きなペットとの記念写真を工夫しすぎたがゆえにどこか奇妙な仕上がりになってしまったものを紹介したいと思います。

これを見るとなぜか「愛のために生き愛に殉じた男」という名言を思い出す(北斗の拳:シン )

これも愛のなせる技、そしてそういう時代だったのかも・・・

インパクトが強すぎる合成。

インパクトが強すぎる合成。




迫力はとにかくある!

迫力はとにかくある!




ペット愛は宇宙より広い。

ペット愛は宇宙より広い。




肌のふれあいは大切に。

肌のふれあいは大切に。




レーザーを放つほど大好き。

レーザーを放つほど大好き。




猫が好きすぎるのが伝わる1枚。

猫が好きすぎるのが伝わる1枚。




なにか深い。

なにか深い。




そういう時代だったのかも・・・

そういう時代だったのかも・・・



コメントをどうぞ!

下記の「コメントを送信する」ボタンをクリックでコメント!