保護猫のために子供たちが本を読むプログラムが最高に素敵。

By mame, 2015年8月31日

ファンページでねこトピを読む!

Google+ LINE

猫に子供が本を読むプログラム。
新たな里親が見つかるまで人間になれさせようと始まったのが子供たちが保護猫に本を読んであげるというプログラム。

この素敵な取り組みが行われたのはアメリカの動物保護団体「Animal Rescue League of Berks Country」です。

そしてこのプログラムに参加するのは小学生~中学生の子供たち。

参加する子供たちにも心を豊かにする、本を読む力を上げるというメリットがあり、猫達にも人間への恐怖心をなくしたり、不信感を無くす、現在の施設に慣れるなどの大きなメリットがあります。

そして今回このような取り組みは初めて知ったのですが、写真を見ているコチラまで癒されるパワーがあると思います。

子供たちと猫達がかもし出す素敵な空気感をご覧ください。

いい雰囲気です。

いい雰囲気です。




絵本が気になる猫も。

絵本が気になる猫も。




まったり読書!

まったり読書!




ふれあいもたくさん!

ふれあいもたくさん!




どんどん人慣れしてね。

どんどん人慣れしてね。




休憩中もなかよし!

休憩中もなかよし!


子供たちに害意がないのが分かるのか、猫達はとてもリラックスしている様子。本を読み聞かせる子供たちもとっても楽しそう。子供たちの声や行動に癒やされた猫達、きっと新たな里親さんに引き取られてもうまくやっていけるのではないでしょうか?

子供のころこんなプログラムがあったら参加したかったな(*´∀`)


コメントをどうぞ!

下記の「コメントを送信する」ボタンをクリックでコメント!